単元テストについて

一度学んだ単元を完璧な状態で受験まで維持することが重要

学んでは忘れ、学んでは忘れ・・・
当然ではあるが、そんな生徒は難関大学には合格できない。

学習した内容のメンテナンスを計画的・合理的に行うことが重要です。ヘウレーカでは既習分野のメンテナンスにもこだわります。

復習回数をむやみに増やしたがる生徒もいるが、本質は量よりも質。脳に残る学習方法を授業・テーマ学習・模試振返り・単元テスト振返り・過去問演習で具体的にトレーニングしていきます。

■確認事項■
<実施日と内容>

毎月10日。基本的には当日に通常授業として該当する科目の既習単元。

<合格最低ライン>

これまでに学習した内容が中心。東大や国立医学部志望であれば9割、私立医学部志望であれば8割をキープし続けることが合格最低ライン。練習のためのテストでは意味がない。本番のつもりで日頃から準備ができていることが重要です。

<対象生徒>以下のA.B.のいずれかに該当する生徒。
A.当日、通常授業として来塾予定の生徒。
B.当日、通常授業は入っていないが、受験を希望する生徒。ただし、Aの単元テストを効果的に活用し、常に合格基準を満たしていることが前提。

<申込方法>
A,Bいずれの場合も、前月末までに申込書をサポートルームに提出。
※申込の際には、事前に対象のテストを教科担当と共有。

<当日の注意事項>
当日の時間管理は生徒自身で行う。計画をGmap-cに記入し、単元テストに臨む。
テスト終了後、5分から10分の休憩をとってもかまいません。
授業の区切りまでテーマ学習として時間を有効活用。
終わった単元テストは帰りにサポートルームに提出。
※単元テストも授業の一環です。通常の授業と同様の姿勢で臨んでください。

<テスト後>
次の授業で、問題・解答を教科担当と共有。間違った問題はその場で直し、正しく理解。 
教科担当サインをもらい、サポートルームに再提出。
※教科担当サインがない生徒は、次回の単元テストを受けられなくなります。

Please reload

NEWS

鉄緑会・SEGも名門だが、ヘウレーカも素晴らしい。

生徒・保護者から最近多く頂く言葉です。

我々自身、鉄緑会・SEGをリスペクトしています。

と同時に、ヘウレーカに来塾している生徒の8割以上が、もともと鉄緑会・SEGの生徒であったことも事実です。

鉄緑会・SEGをリスペクトしているからこそ、彼らと同じ手法では、我々の存在意義はなくなってしまいます。

だから、我々は違う手法を徹底的にとりいれています。

我々が取り入れていることは、次の通り。

・学習方法から教える。習慣化するまで根気よく教える。

・解法だけではなく、解法にいたる思考プロセスもトレーニングする。

・受け身の勉強はさせない。セルフマネジメントやプロジェクトマネジメントも実践させる。

※『お勉強よりも大切なことがある』ということを知ることが重要。

・生徒の将来を考え、おせっかいを恐れずに、我が事としてアドバイスし続ける。

・講師陣によるカンファレンスを頻繁に行い、多角的な視点で生徒を分析。セカンドオピニオンも重視。

つまり、『伸び悩んでいるが、前向きな人間・建設的な人間』には、心強い存在のようです。

逆に言うと、『伸び悩んでいない人間』は、鉄緑会・SEGでしっかりと伸び続けたほうが、良いわけです。

さらに言うと、『後ろ向きな人間・卑屈な人間』にとっては、面倒くささや鬱陶しさを感じる塾のはずです。

我々自身も人的資源・時間的資源が限られているので、まずは『前向きな人間・建設的な人間』が報われる教育機関を目指しています。

※アンマッチが生じると、生徒にとっても、講師にとっても、保護者にとっても不幸なので入会面談時に確認し合います。

ヘウレーカで確実に伸びる生徒の特長

■入塾時は伸び悩んでいる。しかし前向きで建設的。

■見栄を張らず、基礎から鍛えることを受け入れている。

■「お勉強だけが全てではない」ということを理解し、将来に役立つ「学び方」を大切にする。

■小さな塾に対しての偏見がない。他人を見下したりしない。正義感がある。

もし、あてはまりそうであれば、まずは体験授業で、実際に指導を受けてみることをお勧めします。

Please reload

​卒業生からのメッセージ

  東大や医学部をはじめとする難関大学をめざす生徒が、

 『本物の学力』を身につけるために集

​  東大専門塾・医学部専門塾、千代田区富士見の学習塾ヘウレーカ (飯田橋駅から徒歩3分)

COPYRIGHT (C)2008 【東大受験、医学部受験など難関大学専門の塾|ヘウレーカ】 ALL RIGHTS RESERVED.