単元テストについて

一度学んだ単元を完璧な状態で受験まで維持することが重要

学んでは忘れ、学んでは忘れ・・・
当然ではあるが、そんな生徒は難関大学には合格できない。

学習した内容のメンテナンスを計画的・合理的に行うことが重要です。ヘウレーカでは既習分野のメンテナンスにもこだわります。

復習回数をむやみに増やしたがる生徒もいるが、本質は量よりも質。脳に残る学習方法を授業・テーマ学習・模試振返り・単元テスト振返り・過去問演習で具体的にトレーニングしていきます。

■確認事項■
<実施日と内容>

毎月10日。基本的には当日に通常授業として該当する科目の既習単元。

<合格最低ライン>

これまでに学習した内容が中心。東大や国立医学部志望であれば9割、私立医学部志望であれば8割をキープし続けることが合格最低ライン。練習のためのテストでは意味がない。本番のつもりで日頃から準備ができていることが重要です。

<対象生徒>以下のA.B.のいずれかに該当する生徒。
A.当日、通常授業として来塾予定の生徒。
B.当日、通常授業は入っていないが、受験を希望する生徒。ただし、Aの単元テストを効果的に活用し、常に合格基準を満たしていることが前提。

<申込方法>
A,Bいずれの場合も、前月末までに申込書をサポートルームに提出。
※申込の際には、事前に対象のテストを教科担当と共有。

<当日の注意事項>
当日の時間管理は生徒自身で行う。計画をGmap-cに記入し、単元テストに臨む。
テスト終了後、5分から10分の休憩をとってもかまいません。
授業の区切りまでテーマ学習として時間を有効活用。
終わった単元テストは帰りにサポートルームに提出。
※単元テストも授業の一環です。通常の授業と同様の姿勢で臨んでください。

<テスト後>
次の授業で、問題・解答を教科担当と共有。間違った問題はその場で直し、正しく理解。 
教科担当サインをもらい、サポートルームに再提出。
※教科担当サインがない生徒は、次回の単元テストを受けられなくなります。

Please reload

NEWS

Please reload

​大手予備校・有名塾で伸び悩んでも、あきらめる必要はありません。

大手予備校・有名塾で頑張っていたのに伸び悩み、挙句の果てには大手予備校・有名塾から志望校をあきらめるように勧められ・・・ 

そんな生徒たちが、ヘウレーカで学習方法を見直し、基礎から学びなおすことで、学力を伸ばしてきました。

前向きに頑張っている生徒が、目に見える形で確実に報われる学習方法。
その当たり前を提供することが私たちヘウレーカの使命です。

■前向きに頑張っているけど、伸び悩んでいる。
■個別設計指導で基礎から鍛えなおしたい。
■小さな塾に対しての偏見がない。


そんな生徒は、第一志望をあきらめず、まずはヘウレーカに相談することをお勧めします。

Please reload

カテゴリ
Please reload

​卒業生からのメッセージ