とても愛のある予備校。
(杏林大学医学部合格生徒のお母様より)

■ヘウレーカに入会する前■

1浪目の試験の際、以前通っていた予備校で、受けられる学校は全て受験するような話でした。娘がどの位置にいるのか、どの学校を受けるのが本当に良いのか不明のまま不安でおりました。

 

■入会のきっかけ■

高校時の先輩のお母様に相談してご紹介いただきました。

 

■合格の原動力■

本当に理解するという事がどういう事か何度もくり返し振り返りして下さった事で、暗いトンネルの中にいた娘が少しずつ明るくなっていくのが見えてきた事だと思います。

 

■他塾との違い■

ヘウレーカに通う前は、大手予備校に通っておりました。試験を受ける際、この大学ならという細かな説明もなくただ不安な日々でした。ヘウレーカに入塾してからは、先生方一人一人に細やかに見ていただけた事。娘にとっては先生であり、お兄様・お姉様のような存在だったと思います。面談の際には、娘を真っ直ぐに見て話をして下さっていた事、とても愛のある予備校だと思います。ヘウレーカを卒業する事は嬉しい反面、私自身少し淋しくある気持ちです。

 

■ヘウレーカ講師について■

先生方皆様、とてもあたたかな先生方だと思います。娘はよく先生方の話をしておりました。何より、一人一人の先生方が下さったメッセージを受験の際持参していた事を知り、娘にとってとても大きな支えであり、大きな存在であったと思います。全ての試験が終わり、娘からメッセージを見せてもらった時、涙が出てしまいました。いつも温かく接して下さり、感謝致