小学校の計算問題集まで遡って鍛え直し。
(昭和大学医学部合格生徒のお母様より)

■ヘウレーカに入会する前■
数学に対する苦手意識が強く、勉強の時間をかなり掛けているにもかかわらず思う様な結果を得られない。

■入会のきっかけ■
学校の前で配っていたパンフレットを見て、数学をしっかり見てもらえる塾という事で決めました。

■合格の原動力■
数学の問題を解く事に苦手意識からストレスを感じていた息子に対し、なにより先生方が喜々として数学の問題を解いている姿にビックリしたらしく、その頃から勉強に対する姿勢が肩ひじを張らず解けた時の達成感などプラスになる事を探すように変わって来たように思います。

■ヘウレーカ講師について■
男だからこそと厳しい高校に通わせていたので、わからない所こそ自分で解決しようと堂堂巡りをしているようでした。
そんな息子だからこそ、質問にきちんと答えてくれるという事がどれだけ心強い存在だったか、今、思い返してみても頭が下がります。

■他塾との違い■
自分自身高校生の時は、大手予備校に通っていましたが、今、思い返して見ても多人数で授業を聞くだけで、その時は、わかった気になっていても、結局問題を解く時に出来なかった記憶しかないです。
ヘウレーカは、生徒ごとに指導方針を決めてくれて講師が一方的に説明するのではなく、講師と生徒が対話する事により、今まで気付かなかった事に気付いたり、理解を深める事に繋がって行くんだと思います。息子には、いっしょに進んで行ってくれる事が支えになった気がします。

■その他■
中学受験の時から指摘し続けられている簡単な計算ミス。
文章の読み間違いには、大学受験にまで影響してくるとは思いもしなかったのですが、かなり苦しみました。
大問の(1)で計算ミスをしてしまうと(2)(3)と考えられない数学が続いてしまい、解けない問題を永遠に解いている息子の姿はかわいそうでした。
先生方には、対策に知恵を絞ってもらい、小学校の計算問題集まで遡って鍛え直して頂きました。
怒るのではなく、辛抱強く「医者になって計算ミスしたらいけないから」と言ってくれた事に感謝しています。