完全1対1より、ヘウレーカ形式の方がいい。
(日本医科大学医学部合格生徒のお母様より)

■ヘウレーカに入会する前■
有名校の生徒が集まるような塾へ行っていましたが、数学が伸び悩み、苦手意識が克服できず、医学系への進学希望の娘としては、何をすれば良いのかわからなくて不安な状態でした。

■入会のきっかけ■
数学がよくできる娘の友人が通っていると言う事で知りました。最初のテストと面談で、基礎が不安な点、またパターン学習的な浅い理解度等をすぐ指摘され、次々と娘の盲点を突く問いをされている様子から、指導力のある先生による個別対応塾が、今の娘にとっては必要だと思いました。

■合格の原動力■
個別対応は中途半端な生徒がすぐに見抜かれる厳しさがありますが、大雑把な娘にとっては必要な厳しさだと思います。また、私立医学部受験にとっては大事だと思われる志望校対策も丁寧に指導していただき、合格へつながったと思います。精神的な事では…教室へ入るとまず目に入る一心不乱に机に向かう生徒さん達の姿。本当に基本的な事ですが、勉強とは自分と向き合う事だと思わされ、研ぎ澄まされた集中力が皆さん自然と身に付いているようです。娘もヘウレーカへ来てから変わりました。受験への自覚、勉強への積極性が増し、体勢と集中力は親の私でも目を見はるものがつきました。

■他塾との違い■
こちらは数人対先生の形式ですが、生徒の思考時間を取れば生徒・先生共に時間の無駄がなく、完全1対1より、この形式の方がいいと思いました。もちろんその前に重要なことは、指導する先生の力量でしょうが、その点ヘウレーカの先生方は信頼できます。

■ヘウレーカ講師について■
大手塾にあるような先生と生徒の間よりは、もう少し近く寄れて、勉強面では厳しいけれど、勉強の合間には世間話もできる、娘にとっては兄や姉のような存在の先生方でした。先生方の熱心な指導は厳しさと同時に愛情が感じられました。だからこそ娘も最後まで頑張れたのだと思います。特に山口先生には入塾以来お世話になりましたが、感謝の気持ちで一杯です。わかりにくい(?)娘の性格もよく御理解いただき、娘も先生への信頼を寄せていたようです。そして先生の生徒に対する責任感や熱意には親として頭が下がるばかりです。本当にありがとうございました。