​代表からのメッセージ

新卒採用・中途採用をスタート

教育のプロとして、ビジネスのプロとして、腕を研く覚悟のある人間。
生徒の人生を我がこととして、本気になれる人間。

そんな人間だけが集まればよい。

学科だけを教えたいのであれば、他の難関大学受験の専門塾で働くべき

東大や難関大学受験を専門にする『学習塾ヘウレーカ』。

進学塾だからこそ、むしろ大切にしたいのが、
・学習すること・成長することの喜びを体験させること
・保護者をはじめとする周囲に対して、生徒自身が感謝の気持ちを深めること

実際に、生徒・保護者からよく言われるのは「勉強が好きになった」「将来役立つ学習方法が分かってきた」「親子の関係が深まった」ということ。

学科だけを教えるのであれば、簡単に言えば、教材通りに指導すればよい。極論を言えば、生徒自身が高い教材を買って、自分自身で勉強すればよい。

一般に、優れた講師といわれるレベルの数学知識よりも、数万円で買える数学専門書のほうが正確かつ体系的に多くの知識が詰めこめられている。

ではなぜ、生徒は人に教わるのか?

我々の使命は学科指導だけではない。生徒に刺激を与える存在になること。

知識を得ることはもちろん、「どのような手順で知識を得たらよいのか」「それをどのように活用したら良いのか」
そもそも「何のために勉強するのか」を一般論ではなく、具体的に自分のこととして気づき・納得できる機会、刺激を与えてくれる人間を求めているのではないだろうか。
事実、社会で活躍している人たちの多くが、若い時期に『なぜ学ぶのか』について自分なりに深く考える機会や影響を与えてくれる恩師と出会えている。

「お勉強が人よりもできます」・・・その程度の講師は、『ヘウレーカ』にはいらない。

答えをすぐに教えるな。ヒントを与えながら思考プロセスを習得させろ。

生徒が分からない時、答えや解法を教えたほうが指導は楽だし、便利。
しかし、我々は絶対にそれをやらない。気づく機会を奪い取り、生徒の能力をつぶすと思っている。

生徒の思考能力・知識レベルを見極め、ヒントを与えながら思考プロセスを習得させるように手間暇かけて導いていく。

もちろん、生徒の知識レベルによっては、まずは最低限の知識を教え込む時もある。ただ基本は、「気づける人間」に育て上げるために、段階的にトレーニングしていくこと。

他の有名進学塾で伸び悩んでいた生徒が、『ヘウレーカ』で成長していくのには当然ながら明確な理由がある。

他の教育機関からも必要とされる『ヘウレーカ』であり続けたい。

複数の進学校・進学塾から、教育メソッドのコンサルティングや教員・講師の育成を依頼され、まかされているが、今後もこのような事業を大切にしていきたいと思っている。

「もっと生徒を伸ばしたい」と、一生懸命に取り組んでいる教員・講師を支援することも我々の使命。

生徒が伸び悩むのは、実は学科知識の欠落だけではなく、勉強に対するモチベーションが落ちていたり、論理的思考プロセスが体系化できていなかったり、そもそも学習戦略・計画・方法に課題がある場合が多い。

我々はそれらを解決していく専門家集団であるべきだと考えている。他の教育機関からも頼られ、そして貢献できるような、そんな塾を目指している。

必然的に『ヘウレーカ』の講師は他の教育機関から尊敬され、信頼される人間でなければならない。
少なくともそのぐらいの人間でなければ、生徒に刺激を与える存在としては相応しくないと思っている。

最高の教育機関とはなんだ!?

「最高の教育機関」という言葉は、かなり深いと思っている。

色々な「最高の教育機関」が実はあるのではないか。もちろん、本来は「最高」とは1つだけを示すのだが・・・。

どのような教育であったとしても、実は結構正解はある。
しかし、多くの教育機関が間違っているのは、それを教員・講師全員で「しっかりと守ろう」とこだわりきれていないところ。

「Aを目指しています」「Bを目指しています」「Cを目指しています」それぞれが正解なのだが、Aを目指す教育機関の中にA・B・Cを目指している教員・講師がいたりして・・・。
特に教育業界では、そのような現場が多いと思っている。

教員・講師一人ひとりはとても素晴らしいのに、集団として教育機関をみると、なぜかぼやけてしまう。
何か1つに絞ることが怖かったり、先ほど述べたように、教育には様々な正解があるから、どれか1つに絞ることが不正解な気がして結局は逃げてしまったり・・・

しかし、受験では学科はもちろん、生徒の総合力を高める必要がある。重要なのはベクトルのそろった高度なチーム指導なのだ。

部分最適化と全体最適化

優秀な教育機関に共通して言えることは、「様々な教育方法があるが、我々はこれを選択している」という方針を単なるスローガンでなく、現場レベルまで浸透させ、こだわっているところ。

組織の教員・講師たちも「様々な教育方法があり、尊重しているが、我々はこれを選択し、実行している。それに共感する生徒・保護者は来てください。裏切りません。」と覚悟を決めているところ。

教員・講師たちが責任を持って選択しているからこそ、生徒・保護者も責任を持って選択できる。


・個別設計指導を用いて、東大・医学部レベルに生徒の学力を引き上げる。
・学科だけでなく、学習方法やモチベーションマネジメントなども重視。
・Gmap-cの深さを研究し活用。
・チーム指導で、生徒の全学科の総合力を高める指導。
・生徒はもちろん、他の教育機関の社会人からも尊敬される講師陣。

あなたは覚悟を決められますか?

Please reload

NEWS

鉄緑会・SEGも名門だが、ヘウレーカも素晴らしい。

生徒・保護者から最近多く頂く言葉です。

我々自身、鉄緑会・SEGをリスペクトしています。

と同時に、ヘウレーカに来塾している生徒の8割以上が、もともと鉄緑会・SEGの生徒であったことも事実です。

鉄緑会・SEGをリスペクトしているからこそ、彼らと同じ手法では、我々の存在意義はなくなってしまいます。

だから、我々は違う手法を徹底的にとりいれています。

我々が取り入れていることは、次の通り。

・学習方法から教える。習慣化するまで根気よく教える。

・解法だけではなく、解法にいたる思考プロセスもトレーニングする。

・受け身の勉強はさせない。セルフマネジメントやプロジェクトマネジメントも実践させる。

※『お勉強よりも大切なことがある』ということを知ることが重要。

・生徒の将来を考え、おせっかいを恐れずに、我が事としてアドバイスし続ける。

・講師陣によるカンファレンスを頻繁に行い、多角的な視点で生徒を分析。セカンドオピニオンも重視。

つまり、『伸び悩んでいるが、前向きな人間・建設的な人間』には、心強い存在のようです。

逆に言うと、『伸び悩んでいない人間』は、鉄緑会・SEGでしっかりと伸び続けたほうが、良いわけです。

さらに言うと、『後ろ向きな人間・卑屈な人間』にとっては、面倒くささや鬱陶しさを感じる塾のはずです。

我々自身も人的資源・時間的資源が限られているので、まずは『前向きな人間・建設的な人間』が報われる教育機関を目指しています。

※アンマッチが生じると、生徒にとっても、講師にとっても、保護者にとっても不幸なので入会面談時に確認し合います。

ヘウレーカで確実に伸びる生徒の特長

■入塾時は伸び悩んでいる。しかし前向きで建設的。

■見栄を張らず、基礎から鍛えることを受け入れている。

■「お勉強だけが全てではない」ということを理解し、将来に役立つ「学び方」を大切にする。

■小さな塾に対しての偏見がない。他人を見下したりしない。正義感がある。

もし、あてはまりそうであれば、まずは体験授業で、実際に指導を受けてみることをお勧めします。

Please reload

​卒業生からのメッセージ

  東大や医学部をはじめとする難関大学をめざす生徒が、

 『本物の学力』を身につけるために集

​  東大専門塾・医学部専門塾、千代田区富士見の学習塾ヘウレーカ (飯田橋駅から徒歩3分)

COPYRIGHT (C)2008 【東大受験、医学部受験など難関大学専門の塾|ヘウレーカ】 ALL RIGHTS RESERVED.