学習塾ヘウレーカの指導理念

受験をプロジェクトとしてとらえる

ヘウレーカは、学校や他塾の東大コース・医学部コースの設置・運営・講師育成などを行っているコンサルティング会社が研究機関として設立した進学塾。

知識・思考力・記述力が求められる難関大学をめざす生徒のための専門塾です。

大学はもちろん、社会に出ても役立つ『本物の学力』を身につけてもらうために、授業の内容のみならず、生徒の学習方法・学習習慣についても研究し、こだわりを持っている教育機関です。

成長し続けるメカニズム  – Gmap-c ―

受験をプロジェクトとしてとらえると、目標設定の方法も、目標達成までのプロセスも、科学的になってくる。


生徒個別に設計された年間計画を基に、毎授業、生徒自ら目的・目標(Goal)を設定し、授業後に成果・課題を把握(Measure)。

成果の要因と課題の原因を分析(Analyze)し、次回授業までの計画(Plan)つまり宿題を自分で設計し、講師がコンサルティングする。

ノルマ型ではないコミットメント型のコミュニケーションに段階的にシフトし、『骨太の学習方法』を身につけてもらいます。

学校の進度を活用した個別設計指導

学校と塾で学ぶ内容が異なる「ダブルスタンダード」の状態を極力避けるために、学校のカリキュラムを可能な限り活用した学習プランで進めます。

学ぶ内容が分散しすぎると、学習内容が浅くなりがち。
ですから、私たちは極端な先取り学習を実施しません。
すでに先取りを意識して構成されている学校のカリキュラムを最大限に活用して、分野ごとに集中して深掘りし、定着学習を実現していきます。

『ヘウレーカでの学習だけでなく、学校の授業もおろそかにせず、真剣に取り組むような人間になってもらいたい。』・・・それが我々の指導方針です。
ヘウレーカで深く学んだ内容を、学校の授業や定期テストなどでも発揮し、定着度を確認・実感しながら学校生活と塾生活の両方を大切にしてもらいたいと思います。

Please reload

生徒ごとに伸ばす指導方法

少人数による個別設計指導